ホームページ制作

ホームページ制作

コーポレートサイトやランディングページ、
オウンドメディアなどお客様のご要望に合ったWebサイトを提案いたします。

ビジネスにもたらすもの

ホームページは三種の神器のひとつ

名刺、パンフレット、ホームページ。これらは現代の小規模事業者ビジネスにおける三種の神器のひとつと私は考えています。これらがしっかりしていることで、信頼度はグッと向上します。

第一印象が全て

何かしら業者を探す必要ができた際、多くの場合はGoogleで検索してまともそうな業者を物色します。ホームページに十分な情報がなかったり、作りが古くさかったりした場合、きっと瞬時に候補から外れるかと思います。ホームページをしっかりと作り込み、必要な情報を網羅することではじめて、選択肢に含めてもらうことになります。

信じてもらうこと

訪問者が何らかの意思決定をするまでにはいくつものパターンがあるかと思います。もし3回訪問するユーザーがいるなら、その方は問題解決のための最終段階にいることでしょう。最終的な意思決定は、信じてもらえること。最終的に信頼に足る情報が掲載されているホームページを持つ企業が選ばれます。

私たちの作るホームページ

1. キービジュアルとコピー

ユーザーが訪問した際にスクロールせずに表示できるエリアのことをファーストビューと呼びます。ユーザーはこのエリアの情報を見て自分にとって有益であるかを一瞬で判断してしまいます。
私たちは、このファーストビューに掲載するキービジュアルとコピーの重要性を理解しており、最も力を入れています。

2. 情報の分析とライティング

ホームページで伝えたいことは何か、伝えなければならないことは何か。私たちの制作手法では、まずヒヤリングシートをもとに情報をツリー上に展開し分析します。これを各コンテンツページに落とし込んでライティングしていくことで、ユーザーに正しく伝えます。

3. 導線とユーザー体験

せっかく訪問しても、目的に辿り着けなければユーザーは諦めてしまいます。ユーザーの目的は大きく分けて2つ「情報の閲覧」と「目標の達成」です。ユーザーの求める情報は、構造化しスムーズに誘導できるよう動線を設計することで、ストレスの無く閲覧できる様になります。また資料請求など明確な目標は、その目標をスムーズに達成できる様設計することで確実に達成(コンバージョン)できるようにします。

ご相談をお待ちしております

エクスコード株式会社は、次のようなご要望やお悩みを持つお客様に寄り添い、ご期待に応えます。

  • なるべく早くプロトタイプを作って、動かしてみたい。
  • ホームページやアプリを作ってみたいが、やり方も予算感も全く分からない。
  • 話をきちんと聞いて、意見を反映させたホームページやアプリを作って欲しい。

ご相談・お見積もりはこちら

メニュー